オンライン授業に向けたロイロノート・スクール利用の注意点

オンライン授業に向けたロイロノート・スクール利用の注意点

来週から多くの私立学校ではオンライン授業への切り替え、公立学校では分散登校や短縮授業が予定されているとお聞きしております。

弊社でも安定稼働のため可能な限り準備を進めております。
しかしながら、実際のアクセス増加については予測しづらく、アクセスが想定以上になった場合、一時的に遅延が発生する可能性が考えられます。

アクセス急増による問題を防ぐため、ロイロノート・スクールのご利用について以下のご協力をお願いいたします。

お願い
健康観察は「出欠カード」を使う
写真やテキストカードを提出ではなく、出欠カードを利用してください。

出欠カードの使い方についてオンライン研修を行います!
8月27日(金)15時00分から
※こちらの研修はYouTube Liveでも配信予定です。

大人数の授業を避ける
クラスの人数が増えると提出箱の表示が高負荷になるため、出来るだけ通常時と同様に1クラス50人以下の人数でご利用ください。
学年全員が参加する一括オンライン授業のような形態は、出来るだけ避けていただけると助かります。
現在、提出箱の表示は300人を上限にさせていただいていますが、場合によっては予告なく100人などさらに人数制限をさせていただく可能性がございます


配信する動画のビットレートに注意する(目安:​​1Mbps)
ビットレートが高い動画はダウンロードに時間がかかり生徒が正常に再生できない可能性が高まります。1Mbps程度がおすすめです。
iPadから動画をアップロードすると自動的に画質とビットレートのバランスを取ります。可能であればiPad版アプリをご利用ください。
Web版アプリの場合は、動画ファイルをそのままアップロードします。あらかじめビットレートを下げた動画をご用意ください。
1Mbpsの動画の参考ファイルサイズ
10分 75MByte
30分 225MByte

アクセス集中が予測される時間帯
2021/8/30~9/3の午前中

稼働状況
ロイロノート・スクールの稼働状況は下記ページからご確認いただけます。