不適切なサイトをカテゴリー毎と、個別に手動で禁止する運用

不適切なサイトをカテゴリー毎と、個別に手動で禁止する運用

管理画面にて、ロイロWebフィルタリングのカテゴリや個別サイトの設定を行うを利用して、不適切なサイトをカテゴリー毎と、個別に手動で禁止にする運用方法のご紹介です。

カテゴリに応じて自動でフィルタリング
閲覧禁止カテゴリーを設定
有効にした際に最初は最低限のカテゴリーがフィルタリングの対象となっています。


個別のサイトをフィルタリング
管理者が不適切なサイトを「個別URL設定」でフィルタリング設定を追加する方法です
生徒が不適切なサイトを見ていた「日時」、「ユーザー名」、「どのようなサイトか」を控える
管理者アカウントが「Webカード閲覧履歴」の「全履歴」から対象のサイトを検索して、対象のサイトを閲覧禁止に設定する。
合わせて対象のドメイン全体を設定する場合は  *.youtube.com  とドメインの前に  *  を入れて設定する。


先生がアプリから個別のサイトの閲覧を許可する
通常は閲覧禁止のサイトでも、先生がアプリから盾のアイコンを押して設定を変更し、対象のURLだけ閲覧可能に変更する事が可能です。



参考