管理画面にて、ロイロWebフィルタリングのカテゴリや個別サイトの設定を行う

管理画面にて、ロイロWebフィルタリングのカテゴリや個別サイトの設定を行う

ロイロWebフィルタリングの設定方法
Web管理画面管理者アカウントでログインして、メニューの中の「設定」からフィルタリング設定を行います。

「一般」から「Webフィルタリング設定」を選択します


Webフィルタリングのメニュー
「閲覧禁止カテゴリ」や「個別URL設定」、「Webカードの閲覧履歴」の操作や確認ができます。
※Webフィルタリングを無効にする場合は画面下部の「Webフィルタリングを無効にする」を選択します。


閲覧禁止カテゴリーを設定する
「閲覧禁止カテゴリー設定」からカテゴリーの一覧から閲覧を禁止したいカテゴリーを選択してください。
該当するカテゴリーのWebサイトへのアクセスを禁止する事ができます。
先生、生徒別々にカテゴリ毎の閲覧範囲を設定できます。

【カテゴリー】
※赤字のカテゴリーは初期設定で閲覧禁止となっております。
※黄色マーカーのカテゴリーは初期設定で閲覧許可となっております。
妊娠中絶 / アダルト / 広告 / アルコール/タバコ / ブログ/パーソナル / チャット/メッセージ / 薬物 /
経済/金融 / エンターテインメント / フード/レシピ / ギャンブル / ゲーム / 政府/自治体 / ハッキング / ヘルスケア
ヘイト/テロリズム / ユーモア / 違法コンテンツ / IT/情報技術 / 求人情報 / メディア共有 / 掲示板/フォーラム /
ニュース/メディア / 出会い系 / プロキシ/フィルタ回避 / 不動産 / 宗教 / 検索エンジン/ポータル
ショッピング / ソーシャル・ネットワーキング / スポーツ / ストリーミングメディア / 行動追跡 / 翻訳 / 旅行/
乗り物 / VR / 武器 / 未分類
暗号通貨/マイニング / フィッシング詐欺 / マルウェア(ウイルス/スパイウェア等) / ドメイン・エイリアス
ビジネス / コンテンツ・サーバー / 教育

個別URL設定 ホワイトリスト ブラックリスト
「個別URL設定」からWebサイトごとに閲覧を制限することができます。
対象サイトのドメインのドメインの前に  *  を入れて設定する。
URLの前に「*(アスタリスク)」を入れていただく事ですべての文字列を含みます。

例)Youtubeを生徒は閲覧禁止とする場合
*youtube.com  URLを登録いただき「生徒だけ閲覧禁止」と設定してください。


Webカード閲覧履歴を確認する
「Webカード閲覧履歴」から制限された履歴や全履歴が確認できます。
閲覧時の授業・ユーザー・ユーザー種別(先生・生徒)・カテゴリーが確認できます。


アプリでのフィルタリング設定変更
アプリが教員アカウントでログインしているとURLの欄の右隅でフィルタリングの状況が確認できます。
(盾)のアイコンの色でフィルタリングの状況が確認できます。
緑色:全員閲覧可能
赤色:生徒は閲覧禁止
教員のアカウントであれば選択して閲覧しているURLのフィルタリングの条件を変更する事が可能です。


その他
フィルタが無効になっている場合は有効にしてください
「Webフィルタ」を有効にするを選択すると利用できます。

フィルタリングの運用方法の参考