夏休み企画「コラボで自由研究」公式サイト

夏休み企画「コラボで自由研究」公式サイト



コラボで自由研究とは?

「コラボで自由研究」は、全国の学校・学年・地域の異なる子どもたちがオンライン上で、共に自由研究を行うプロジェクトです。

テーマごとにチームをつくり、子どもたち主体の研究を行います。
日頃からロイロノート・スクールを活用した授業を実施しているロイロ認定ティーチャーがチームでの研究をサポートします。
多様な仲間と研究に取り組むことで、ここでしか得られない深い学びを経験することができます。

この夏、「全国の仲間と一緒に自由研究にチャレンジしたい!」という児童・生徒の皆さま、
お子様に「主体的、かつ協働的な探究学習を経験させたい」とお考えの先生方、保護者の皆さま、教育関係者の皆さま、ぜひご応募ください。


概要・お申し込み
研究期間   2022年 7月 25日(月) 〜 2022年 8月 31日(水) 
 対象  小学生(高学年)・中学生・高校生
参加費  無料
開催方法 オンライン
※ Zoom、ロイロノート・スクールを使用します。インターネットに接続可能な端末(パソコンまたはタブレット)をご準備ください。
応募締切 2022年7月21日(木) 17:00
応募方法 こちらの参加申込みフォーム からご応募ください。 
※ お申し込みには保護者の同意が必要です。

ご案内チラシ こちらからダウンロードいただけます。(PDFが開きます)
※上記リンクが開けない場合は、以下のリンクから直接ダウンロードいただけます。


プロジェクトの流れ
STEP 1:お申し込み 
33のテーマの中から、ご希望のテーマを第3希望まで選び、参加申込みフォーム からお申し込みください。
※ 各テーマにつき最大3つのチームをつくります。応募多数の場合は、希望順位に沿って抽選を行います。

STEP 2:プロジェクト開始
各テーマにつき3〜4名のチームで研究を進めます。

ロイロ認定ティーチャーが研究のサポートを行います。
テレビ会議ツール「Zoom」と授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を利用します。
自由研究の成果は新聞としてまとめます。  ※成果物イメージ ︎(PDFが開きます)
※上記リンクが開けない場合は、以下のリンクから直接ダウンロードいただけます。
成果物はそれぞれの学校での自由研究として、提出できます。

※ ロイロ認定ティーチャーとは、ICTを活用し、生徒主体の授業をデザインできる教員のことです。
日頃からロイロノート・スクールを授業で活用し、先進的な取り組みを行っています。


STEP 3:コンテスト
自由研究の成果は、後に開催されるコンテストで審査・表彰いたします。

▼プロジェクトのスケジュール


自由研究テーマ
33の自由研究テーマ(PDFが開きます) をご用意しています。ご希望のテーマを第3希望までお選びください。
※上記リンクが開けない場合は、以下のリンクから直接ダウンロードいただけます。

<研究テーマ 一例>

その他、
ロイロCM音楽を作ろう
校則×多様性〜ブラック校則ならぬレインボー校則を見つけ全国に広めよう〜
起業力育成 身近にある困りごとをプログラミング、IoTを使って解決

など、33の自由研究テーマをご用意しています。詳しくはこちら をご覧ください。(PDFが開きます)
※上記リンクが開けない場合は、以下のリンクから直接ダウンロードいただけます。


【主催・監修】NPO法人学習創造フォーラム
理事・関西大学教授 黒上晴夫
関西大学総合情報学部教授。専門は教育工学。ICTや教育放送の教育利用、カリキュラム開発、教育評価を専門領域とする。
米国や豪州における授業研究を元に、2012年に「シンキングツール~考えることを教えたい~」を無料でWeb公開。
以来10年間に渡り、日本の教育界で、「思考ツール」の普及啓蒙に尽力。学習指導要領改訂に関わる各種会議委員。
主な著書:『考えるってこういうことか!「思考ツール」の授業』(小学館)、『名探偵コナンと伸ばす考える力!低学年』(監修)ほか多数

【主催】NPO法人学習創造フォーラム
NPO法人学習創造フォーラム(FiLC)は、学校や大学、企業、他のNPO/NGO、国際協力機関など幅広い教育機関に対して、豊かな学習機会を提供するためのノウ・ハウを提供し、ともに蓄積するNPO法人です。 http://npo-filc.org/

【共催】株式会社LoiLo
株式会社LoiLoは、子ども達の主体性を育み、双方向授業をつくり出す授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の開発・販売を行う企業です。ロイロノート・スクールは資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮します。マルチプラットフォームに対応しており、どんな端末でもご利用いただけます。小学校から大学まで、1日200万人以上に利用されており、国内外1万校に導入されています。https://n.loilo.tv/ja


お問合せ先
本プロジェクトに関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにお願いいたします。

NPO法人学習創造フォーラム 「コラボで自由研究」係