小3 小4 総合的な学習の時間 新庄の魅力を伝えよう【実践事例】新庄村立新庄小学校 稲田聖也

小3 小4 総合的な学習の時間 新庄の魅力を伝えよう【実践事例】新庄村立新庄小学校 稲田聖也


基本情報
授業担当者稲田聖也
ICT環境1人1台タブレット
学年 / 教科小学校3・4年/総合的な学習の時間
単元新庄の魅力を伝えよう
hr
〈実践の概要〉
本単元では、1・2年生を対象にプレゼン形式の発表を行った。準備や発表を通して、発表する力を高めるとともに、新庄村の魅力を再確認し、郷土愛を深めることが目的である。タブレットを使って調べたり、調べたことをまとめたり、共有したりして、発表の準備を行うこととした。相手に伝える工夫を行う中で、デジタルとアナログのそれぞれの良さを感じることができるのではないかと考えた。

〈ロイロノート・スクール導入の効果・メリット〉
・ 写真や動画を用いて、プレゼン発表を行うことができた。
・ 他学年にアンケートを行い、その後すぐに集計結果を確認できた。

〈実践の目標〉
・ ロイロノートを効果的に活用し、調べたことやグループの意見をまとめたり、発表や振り返りに使ったりする。

〈授業写真〉

hr
〈場面1〉自分が伝えたいことを決める
今までの学習内容を振り返り、自分が伝えたい内容を決めた。児童の関心から、グループを三つに分けた。その後、1・2年生にどう感じてほしいのか、何を学んでほしいのかを話し合い、目指すゴールを共有した。

〈場面2〉
図書室にある本やインターネットを活用し、調べ学習を行った。また、調べた内容をもとに、グループで発表の準備を進めた。さらに、他のグループに向け発表を行い、よりよい発表になるように工夫を重ねた。

〈場面3〉
1・2年生を対象に発表を行った。その際、シンキングツールを活用しながら、他のグループの発表を評価した。発表後、1・2年生からのアンケート結果を共有し、発表の振り返りを行った。発表後すぐに他者からの評価やアンケートの結果を見ることができたため、次へつなげる振り返りを行うことができた。

〈授業写真〉