小3 国語 山小屋で三日間過ごすなら【授業案】近畿大学附属小学校 水谷俊

小3 国語 山小屋で三日間過ごすなら【授業案】近畿大学附属小学校 水谷俊

基本情報
学年 / 教科:小3 国語
単元:山小屋で三日間すごすなら
指導要領:知(2)イ、思A(1)ア、オ
教科書:光村図書
授業者:水谷俊(近畿大学附属小学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
児童の活動が中心となるような展開を心がけた。
シンキングツールを使って児童に考えをまとめさせるようにした。
アンケート機能を活用して相互評価をさせる活動を取り入れた。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】考えを出す
・もし、山小屋に持って行くとしたら何を持っていきたいかを考えさせてカードに書かせる。
・考えたカードを提出させて、提出箱を通してそれぞれの考えを共有させる。
【展開2】考えの整理
・3人ごとのグループに分かれて、持ちよったカードを分類させる。
・ベン図を利用しそれぞれの道具を持って行く目的ごとに分類させる。
【展開3】考えをまとめる
・仲間分けをした図をもとに、山小屋に持っていきたいものをグループ毎に5つ決めさせる。
・ベン図の共通項目に注目させ、できるだけ全員の希望が叶うようなものを選ばせる。
・最終的に選んだ5項目をベン図を使って整理させる。
【展開4】交流、振り返りをする
・最終的に整理したベン図をもとに、グループ毎に持って行くものを選んだ理由を発表させる。
・アンケート機能を使ってそれぞれの発表について相互評価をさせる。
・アンケートの結果をもとに振り返りをさせる。