小3 国語 対話の練習 山小屋で三日間過ごすなら 【授業案】四国中央市立三島小学校 西本修平

小3 国語 対話の練習 山小屋で三日間過ごすなら 【授業案】四国中央市立三島小学校 西本修平

基本情報
学年 / 教科:小3 国語
単元:山小屋で三日間過ごすなら
指導要領:知(2)イ、思(1)ア、オ
教科書:光村図書
授業者:西本修平(四国中央市立三島小学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
付箋紙をテキストカードに置き換えることで、管理やふりかえりの面で効率化されました。共有ノートを活用することで、班での考えが今まで以上に共有され話し合いが活発化されました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ
hr

【展開1】持っていきたいものをたくさん出し合う
山小屋でできることや必要なものなど自由にカードを出させる。 
【展開2】必要なカードを選ぶ
展開1で出たカードを元に分類分けを行う。共有ノートを使用し、班ごとで自分たちに必要なカードを類別していく。

【展開3】カードを特徴別に分ける。 •目的にあったカードを選び、理由を伝え合う
展開2で選んだカードをベン図を使って分類する。班ごとのベン図を共有し、相違点・共通点を話し合う。学級全体で出たカードをダイアモンドランキングで学級全体の傾向を探り、学習のまとめとする。

【展開4】学習のまとめ
•話し合い学習で大切なことは何か、まとめをする。
•学習の振り返りアンケートをする。
•感想を書く。