小3 国語 つたわる言葉で表そう【授業案】四国中央市立金生第一小学校 犬井咲希

小3 国語 つたわる言葉で表そう【授業案】四国中央市立金生第一小学校 犬井咲希

基本情報
学年 / 教科:小3 国語
単元:つたわる言葉で表そう
指導要領:書くこと(ア)相手や目的を意識して、経験したことや想像したことなどから書くことを選び、集めた材料を比較したり分類したりして、伝えたいことを明確にする。
教科書:国語3下 あおぞら (光村図書)
授業者:犬井咲希(四国中央市立金生第一小学校)

単元全体

解説動画
;
作成者からのアピールポイント
くまでチャートを使い、冬休みの思い出について、いつ、どこで、誰と、何ををまとめることで、具体的で分かりやすい文章を書くことに繋がった。提出箱や共有ノートを活用することでペアや全体で共有し互いに推敲し合った。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr
【展開1】分かりやすい文章について知る
分かりやすい文章はどっちか、なぜ分かりやすいと思ったのかをテキストにまとめ、提出する。提出したテキストを大型提示時装置に提示し話し合う。
【展開2】詳しく思いえがく
くまでチャートに、冬休みの思い出についていつ、どこで、誰と、何を、どうした(感想)でまとめる。共有ノートを使いペアで具体的に書かれているかを確認する。

【展開3】作文
具体的に気持ちを表すために、PMI/KWLを使って気持ちを表す言葉の意味を確認する。冬休みの思い出について具体的に分かりやすい文章で書き、共有ノートでお互いの文を推敲する。

【展開4】読み合う
ロイロノートのアンケート機能を使って、の作文が具体的で分かりやすかったかを考えさせる。選ばれたテキストを拡大提示装置に提示し、作文のいいところを全体で確認する。