小4 社会 ごみはどこへ~明石市のごみ処理の未来を考えよう~ ごみの処理と利用【授業案】明石市立人丸小学校 筒井幸介

小4 社会 ごみはどこへ~明石市のごみ処理の未来を考えよう~ ごみの処理と利用【授業案】明石市立人丸小学校 筒井幸介

基本情報
学年 / 教科:小4 社会
単元:ごみの処理と利用
指導要領:人々の健康や生活環境を支える事業
教科書:東京書籍
授業者:筒井幸介(明石市立人丸小学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
ごみ処理の授業に経済的な視点を取り入れたこと。
ロイロノートを活用するとどのように授業展開が変えられるかを想定したこと。
多様なシンキングツールを活用し、授業を焦点化したこと。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】ごみの処理ってどこも同じ?
ごみ袋が市によってちがうことを捉え、市のごみ処理の様子に関心を持つ。

【展開2】自分たちの市はどのようにごみを処理しているのだろう
ごみ処理の様子を知り、市のごみ処理の工夫と課題について考える。

【展開3】○年後のごみ袋はどんなごみ袋?
自治体ごとに費用が異なっているごみ袋について今後自分たちの市はどのような方法を採用すればよいかを考え、意見を交流する。

【展開4】自分たちの考えを市の担当者の方に伝えよう
交流をもとにして、市の担当者にプレゼンテーションする。