小6 国語 太一の生き方から、自分の生き方について考えよう 登場人物の関係をとらえ、人物の生き方について話し合おう 【授業案】近畿大学附属小学校 乾 英治

小6 国語 太一の生き方から、自分の生き方について考えよう 登場人物の関係をとらえ、人物の生き方について話し合おう 【授業案】近畿大学附属小学校 乾 英治

基本情報
学年 / 教科:小6 国語
単元:登場人物の関係をとらえ、人物の生き方について話し合おう
指導要領:思考力・判断力・表現力等 C読むこと(エ・オ・カ)
教科書:光村図書
授業者:乾 英治(近畿大学附属小学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
単なる物語文の内容読解に終わるのではなく、小学校卒業を目前に控えた子供達が、自分たちの将来の目標やこれからの生き方について考えてほしいと願い、授業を進めました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】「海の命」のあらすじをつかもう
・初発の感想を書き、登場人物と大きな出来事を整理し、あらすじをまとめる。感想はロイロで提出し、全体で共有したあと、何を中心に読み進めるか話し合う。
・物語のあらすじは「(主人公)が(中心となる出来事)によって(変化する)物語」という形でロイロノートのカードに書かせる。 
【展開2】登場人物の生き方について考えよう
"・それぞれの登場人物の生き方と思いを考える。
・登場人物の太一への思いと、太一に与えた影響についてウェビングにまとめて可視化する。"

【展開3】太一の選んだ生き方と自分を比べよう
・太一が瀬の主をうたなかった理由と、自分ならどうするかを考える。
・「海の命」の題名の意味を考える。
・太一に一番影響を与えた人物は誰かを考える。
・ベン図で太一の性格や生き方と、自分を比べる。
【展開4】これからの自分の生き方について考えよう
・自分に影響を与えてきた人について考える。
・これからどのように生きていきたいかを、将来の目標などに触れながら文章化する。プレゼンテーションの資料をまとめ、クラスで発表する。