小6 音楽 歌の特徴にふさわしい表現を工夫して歌おう 日本や世界の音楽に親しもう 【授業案】四国中央市立小富士小学校 石井 由貴

小6 音楽 歌の特徴にふさわしい表現を工夫して歌おう 日本や世界の音楽に親しもう 【授業案】四国中央市立小富士小学校 石井 由貴

基本情報
学年 / 教科:小6 音楽
単元:日本や世界の音楽に親しもう
指導要領:(1)歌唱ア、イ、ウ(ア)(イ)  共通事項:ア 音色、旋律、拍
教科書:小学生の音楽6(教育芸術社)
授業者:石井 由貴(四国中央市立小富士小学校)

単元の一部

解説動画

作成者からのアピールポイント
鑑賞活動の際に児童が鑑賞して感受したことが豊かな表現活動につながればと考え、作成しました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】曲想や歌詞の表す情景を味わって聴こう
・前時に鑑賞した雅楽「越天楽」の感想を共有する。
・「越天楽今様」を聴いて感じたことや気付いたこと、歌詞の内容から思い浮かんだ景色等をウェビングに上げ、ダイヤモンドランキングで順位付けし、友達と共有する。
【展開2】旋律の動きに気を付けて歌おう
• 「越天楽今様」の楽譜を見ながら雅楽「越天楽」を聴き、同じ旋律でできていることを確かめる。
• 楽譜の音符を線で繋ぎ、音高の変化やゆったりとしたリズム、日本の伝統的な音階でできている旋律であること等を確かめて歌う。
【展開3】曲想や歌詞の表す内容に合う表現を考えよう
• 「展開1」を振り返った後、「越天楽今様」を聴いたり歌ったりして感じたことを、自分で表現するにはどうすればよいか考え、フィッシュボーンに上げる。
• フィッシュボーンに上げた歌い方の工夫を、「展開2」で使用した楽譜内に書き込む。
【展開4】曲想や歌詞に合った表現で歌おう
• 「展開3」で考えた歌い方で歌い、録音して聴く。
• 録音を聴き、意図した表現になっているか確かめ、必要なら楽譜を編集して再度録音する。
• 録音した歌を回答共有やペア活動で聴き合い、感想を伝え合う。