高2 英語 ポスタープレゼンテーションに挑戦しよう 【授業案】 兵庫県立宝塚西高等学校 上本 善之

高2 英語 ポスタープレゼンテーションに挑戦しよう 【授業案】 兵庫県立宝塚西高等学校 上本 善之


基本情報
学年 / 教科高2/英語
単元Lesson 1 Eliza Scidmore and Japanese Cherry Blossoms /

Lesson 2 Keisuke Iwaya and the Pursuit of Dreams /

Lesson 3 A Small Grain with a Big Impact /

Lesson 4 2100: A World with, or without, Sea Turtles?
指導要領英語コミュニケーションⅡ (4)話すこと[発表]
教科書会社FLEX ENGLISH COMMUNICATION Ⅱ
授業者上本 善之(兵庫県立宝塚西高等学校)


・単元全体


解説動画


作成者からのアピールポイント
この授業案に記載した活動のポイントは、①生徒に選択権を与えていること、②同じ発表を反復すること、③発表動画を視聴して反省すること、にあります。ロイロを使うことで作業を効率化し、学校の授業に無理なく組み込めるように工夫しています。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】本文のインプット
• 教科書Lesson1~4までの内容を1学期間かけてインプットしていく
• 各Lessonのインプット終了後は教科書の写真を使ったリテリング活動を行い理解を深める
• リテリングの動画をパートナーに撮影してもらい、ロイロの提出箱に使って共有する


【展開2】調べ学習
• 自分が最も興味を持ち、内容を深めたいと思ったLessonを1つ選ぶ
• 選んだレッスンについて以下の3点をポスターにまとめる
①サマリー
②トピックに関連した研究
③感想
• 質問や進捗状況の報告はロイロの「送る」機能を使って随時行う


【展開3】ポスタープレゼンテーション実施
大教室の壁にポスターを貼り、発表者とオーディエンスに分かれる。オーディエンスは発表者の評価とプレゼンの内容に関する質問をする
1時間に10人が4分ずつ発表を行う。よって同じ発表を10回行う。回を重ねるごとの上達する実感を得る。
教員は発表動画を撮影しておく


【展開4】リフレクション
教員は生徒に①発表動画と②リフレクションシートをロイロノート経由で送る
生徒は自分の動画を提出ボックスに入れて、生徒間共有で他の生徒の発表を見れるようにする
生徒は自分の動画を見てセルフリフレクションを行い、ロイロノート経由で提出する


#教材作成/プレゼンテーション作成 #ポスタープレゼンテーション
Powered by Helpfeel