中2 国語 クマゼミ増加の原因を探る 多様な視点から/情報社会を生きる 【授業案】藤沢市立秋葉台中学校 荒川 翔

中2 国語 クマゼミ増加の原因を探る 多様な視点から/情報社会を生きる 【授業案】藤沢市立秋葉台中学校 荒川 翔

基本情報
学年 / 教科中2/国語
単元多様な視点から/情報社会を生きる
指導要領C読むこと(1)ウ
教科書会社光村図書
授業者荒川 翔(藤沢市立秋葉台中学校)

単元の一部


解説動画


作成者からのアピールポイント
ワールドカフェ方式のグループ活動の中で報告資料をまとめる作業に共有ノートを利用しました。ロイロ共有ノートの、情報共有のしやすさ、スライドのまとめやすさ、作成した資料のコピーや移動のしやすさという利点を、活動内容に沿って利用できた実感があります。

ロイロノート・スクールのnoteデータarakawasho.loilonote

hr

【展開1】準備
事前に図表5枚分の共有ノートを作っておく。教科書のデータをスキャンしてそれぞれのグループの共有ノートに貼っておく


【展開2】5人班をつくり、図表を分担する
生活班のなかで、誰が図表1~5を担当するかを決める


【展開3】同じ図表を選んだ6人で図表について考える
共有ノートを使って話し合いながら図表と本文の関係を考えて、スライドにまとめる


【展開4】元の生活班に戻って報告する
話し合いとスライドにまとめる活動が終わったら、各グループ代表1名に提出箱に入れてもらい、それを使いながら生活班のメンバーに報告をする。


【展開5】個人で図表と本文の関係をまとめる
それぞれのグループで作成したカードを全員に送って共有する


【展開6】活動はここまでです
活動はここまでです


#共有ノート #プレゼンテーション
Powered by Helpfeel