小5 国語 物語の全体像をとらえ、考えたことを伝え合おう たずねびと【授業案】四国中央市立中曽根小学校 安居 貴己

小5 国語 物語の全体像をとらえ、考えたことを伝え合おう たずねびと【授業案】四国中央市立中曽根小学校 安居 貴己

基本情報
学年 / 教科:小5 国語
単元:たずねびと
指導要領:C読むこと(1)構造と内容の把握、精査・解釈、考えの形成、共有
教科書:光村図書
授業者:安居 貴己(四国中央市立中曽根小学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
ロイロノートの使用がまだ慣れていない児童が多かったのですが、展開3の心情曲線を作るの活動では、直感的に児童が操作し、理解を深めることができました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】物語の流れを捉える
• 場面分けをして、物語の全体像を捉える。
• 主人公の綾が出会った人や物を整理する。 
【展開2】広島に行く前後で綾の心情の変化を捉える
• 前の活動を振り帰り、広島に行く前と後で綾が出会った人や物を分ける。
• 広島に行く前と後で、綾の気持ちの変化をまとめる。
【展開3】全体を通しての綾の心情の変化を捉える
• 展開1で使用した場面分けのカードを使って、全体を通しての綾の気持ちの変化を捉え、その理由を見付ける。

【展開4】戦争について自分の考えを書く
・ 学習を通して考えたことを、テキストに書く。
・ 提出箱の回答を共有し、考えを深める。