高2 国語 筆者が考える「母語」の限界について理解を深めよう 評論二「アイオワの玉葱」【授業案】私立福岡雙葉高等学校 森田 亜紀

高2 国語 筆者が考える「母語」の限界について理解を深めよう 評論二「アイオワの玉葱」【授業案】私立福岡雙葉高等学校 森田 亜紀

基本情報
学年 / 教科:高2 国語
単元:評論二「アイオワの玉葱」
指導要領:思考力・判断力・表現力 B読むこと(ア要旨把握、イ内容構成把握、オ解釈深化、キ資料活用)
教科書会社:筑摩書房『現代文B』
授業者:森田 亜紀(私立福岡雙葉高等学校)

単元の一部

解説動画


作成者からのアピールポイント
ロイロノートを使用することで、他者と考えを共有する活動が容易になりました。そのため、生徒自身が、他者の考えとの比較を通して自らの理解度を確かめ、足りない点を課題として発見・追求する学習活動(復習や要約、発展学習)を楽しみながら充実させていくことを目標に実践・改訂しました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】前回の読解内容復習
・各自、復習をかねて作成し提出した「テストカード」を互いに解答し合って「前時の復習」を行う。
【展開2】本文の要約に挑戦
・授業のワークシートを見直しながら「100字要約」を行う。
・まずはグループで互いの考えを交換し、「要約チャート」を作る。
・要点に見当をつけた上で各自「要約カード」を作成し、提出する。

【展開3】論旨に基づく身の回りの具体例
・要約して整理した内容を使って「具体例」を考える。
・グループで紙に「(表面)具体例を表す絵」と「(裏面)説明文」を付す。
・「具体例を表す絵」は写真にとって、ロイロ上に「かるたカード」として提出する。

【展開4】「アイオワかるた」
・提出された「かるたカード」に「シンキングツール」上で興じる。
手順1 シンキングツールの【シート】上に、提出された「かるたカード」を散らす。
手順2 読まれた言葉に当てはまる「かるたカード」を選ぶ。
手順3 作成者は解説を行う。

#ワークシート #シンキングツール #テストカード #要約 #発展学習 #具体例  #
Powered by Helpfeel