中1道徳 自分の性格が大嫌い! 自分との付き合い方を考えよう 【授業案】大手前高松中学・高等学校 田中 滉己

中1道徳 自分の性格が大嫌い! 自分との付き合い方を考えよう 【授業案】大手前高松中学・高等学校 田中 滉己

基本情報
学年 / 教科:中1道徳
単元:自分との付き合い方を考えよう
指導要領:A(3) 向上心,個性の伸長
教科書:新しい道徳1
授業者:田中 滉己(大手前高松中学・高等学校)

単元全体

解説動画

作成者からのアピールポイント
各展開で,それぞれ異なるシンキングツールを使用し,生徒が意見をまとめやすくなるように工夫した。自分の短所を悲観的に捉えるのではなく,新たな可能性を見出すサポートができる授業になっているところがポイント。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】あなたの長所・短所は?
・自分の性格における長所と短所であることを強調し,整理させる。
・長所を赤色のカードに,短所を青色のカードに,それぞれ3つずつ考えさせる。
【展開2】短所を改善してみよう!
• 展開1のワークシート1から,短所(青色)のカードをワークシート2に移動させる。
• 短所のカードをもとに,どのような改善方法があるか考えさせる。
• 性格の短所を改善する難しさを意識させ,自分の性格の短所とどのように付き合っていくかと 発問し,道徳の教科書の物語『自分の性格が大嫌い(文 中村うさぎ,絵 平田利之)』を読ませる。
【展開3】短所の見方を変えてみよう!
• 物語を通して、性格の短所は、裏を返す(言い換える)と長所になることを理解させる。
• 自分の短所をキャンディチャートに並べさせ、「裏を返せば」の言葉に続くように短所の言い換えを考えさせる。

【展開4】本時のまとめ
• 短所も見方を変えれば長所になり得ることを再度確認させ、短所とどのように向き合っていくかなど、感想を記入させる。