小6 理科 環境にやさしい容器って何だろう 生物と地球環境【授業案】名古屋市立豊田小学校 神谷大介

小6 理科 環境にやさしい容器って何だろう 生物と地球環境【授業案】名古屋市立豊田小学校 神谷大介


基本情報
学年 / 教科:小6 理科
単元:生物と地球環境
指導要領:生命・地球 生物と環境
教科書:大日本図書
授業者:神谷大介(名古屋市立豊田小学校)

単元全体


解説動画

作成者からのアピールポイント
この実践は、SDGsの考え方を子どもたちにわかりやすく伝え、将来の地球環境の担い手を育てようとするものです。企業の方とコラボしたzoomの授業であれば、コロナ禍でも外部講師として加わってもらうことができ、子どもたちは環境問題への興味関心を高めました。

ロイロノート・スクールのnoteデータ

hr

【展開1】地球環境の大きな問題点を知ろう
・SDGsの基礎知識の習得 ・温暖化、パーム油問題、海洋汚染の原因を知る ・調べ学習のテーマを決める

【展開2】探究したい環境問題を決めよう
SDGsの課題で、各自が探究したい環境テーマをアンケートでとり、個別に支援する形で調べ学習をに取り組んだ。
【展開3】zoom会議に向けて質問やテーマをより良いものにしていこう
・調べている課題が探究に相応しい内容(質問)になっているか
・グループで話し合い、質を高める活動を行った。

【展開4】zoom会議で質問をしてみよう
・zoomのインタビューを通して気付きや疑問を出す。 
・新たな課題について探究活動。
・提出箱で出された内容を共有。